月別アーカイブ: 2014年8月

活性酸素と女性の薄毛について

活性酸素は、体内では毒素となります。

活性酸素が溜まりやすい原因は、老化、ストレス、タバコ、お酒の飲み過ぎ、食べ過ぎ、などがあります。

この活性酸素は、体内で全身をめぐりあちこちで、細胞を傷つけて老化をさせてしまうのです。

もちろん、頭皮の細胞にも影響はあると考えられ、頭皮、の細胞が傷つくと

毛根がしっかりと髪の毛を支えられない状態の脱毛となり、結果的に、薄毛ということになります。

 

女性がとくに薄毛は、精神的苦痛が多いことから、

普段から活性酸素をへらし、薄毛対策という面でも老化を早めないことをおすすめします。

最近では、薄毛に新しい治療法があるようです。

自毛植毛というのですが、女性でも治療する人も多いようです。

この自毛植毛というのは、自分の毛を手術で生やすというもので、自然な仕上がり感、術後に美容院に行ける、という点から女性にも人気を呼んでいるのだと思います。

 

また、活性酸素除去もできて髪の毛にも良い栄養となると亜鉛があります。

亜鉛はゴマや牛肉、レバーなどに多く含まれます。

 

 

農業革命がもたらした悲劇、、、栄養に関して

 

年々、日本の農業の土壌が痩せてきています。
原因は、農業革命によって、日本の土壌が変わってしまったということです。

どのように変わったのかと言いますと、日本の農地では、窒素やリン、カリウムなどを多く含む化学肥料が長年に渡り、散布されてきました。

そうです。皆さん、栄養よりも、見た目のキレイさを重視した結果、農薬で大量生産する効率化を目指したのです。

その結果、マンガン、鉄、銅、亜鉛などの人間の生きていく上で欠かせないミネラルが土壌から不足してしまったのです。

そのことは、野菜や果物に含まれる栄養も低下することを意味しますし、また、それらの肥料を食べた牛やブタなどの栄養価も下がることを意味します。

なので、ちょっと高いですが、無農薬野菜を取り寄せるか、もしくは、サプリメントなどでビタミンやミネラルを補給するというのも考えたほうがいいのかもしれません。

また、土壌が痩せているので、昔よりも同じ量の野菜を食べているのに、

栄養価が下がるという現象が起こっています。

これはアンチエイジングにはつらいことですよね。

老化が一気に加速しだすのは40代!なぜか、、、。

老化が一般的に始まるのは、20歳以降と言われています。
ですが、それでも20代はまだまだ若いですよね。
それに30代もまだまだ若いですね。

なぜなら、病気にかからないからです。
そうです。実は、40代になると一気に病気にかかるリスクが高まるのです

。では、なぜ40代になると、一気に病気にかかりやすくなるのか?

実は、老化の原因となる、活性酸素を除去する力が一気に弱まるのが40代

からなんです。

鉄もさびるように、人間の体も錆びます。
ですが、サビに強いステンレスがあるように、人間の体もサビに打ち勝つ

システムができています。40代までは、、、

ですが、40代以降からはこの機能がいちじるしく低下します。
なので、40代以降は、この活性酸素除去能力を高める必要があります。

1つは、栄養をしっかり取ることですね。
それは、タンパク質やビタミンです。

また、ストレスが多いと、活性酸素が大量に発生されるので、ストレスを

長期にためすぎないということが言えます。

 

ですからみなさんも40代以降での食生活やストレスなど人間関係も含めて重要ですよ!!