月別アーカイブ: 2014年10月

プラセンタと活性酸素は関係あるのか?


いまやアンチエイジングに大人気のプラセンタですが、
プラセンタ自体は、活性酸素と関係があるのでしょうか?

はっきりとプラセンタの効果がわかるわけではないのですが、
でも若返る効果があるということは、活性酸素つまりフリーラジカルを除去している可能性があります。

プラセンタというのは、もともとは動物の胎盤から採取されます。
つまり生き物の細胞から取り入れるので、酵素を含んでいると思います。

人間の体内は外部から酵素をとりいれると、酵素自体がそのまま働くわけではないのですが、
それらが、こんど体内で酵素をつくるときの材料になると考えられています。

ですから、プラセンタを飲むということは、体内酵素を増やすことにより
それが結果的に、フリーラジカルをやっつける酵素でもあるSODを活性化するので若返るのではないかと思っています。

まあ、ちょっと値段は安くはないですが、一度飲むとやめられないですね。

アレルギーの原因は牛乳にあるかもしれない!

0-96

ちょっと驚きかもしれませんが、アレルギーは牛乳が原因かもしれないということなんです。

アトピーや花粉症などですが、実は、牛乳自体が合わなくてアレルギーを引き起こすという話ではなくて、牛乳というのは、過酸化脂質を多く含むのです。

このために腸内に悪玉菌が増えて免疫力が低下したためにアレルギー症状を出すと考えられてイます

今では、牛乳がもたらす悪影響など探せばネット上でもみることができます。

ついつい昔からの風習で、牛乳が体に良いとおもってたくさん消費してきましたが、普段売られている牛乳は過酸化脂質が多いということをしっかり頭に入れておいて下さい。

もちろん絞りたての牛乳なら過酸化脂質は多くふくまないのですが、やはり市場で売られている牛乳パックはおすすめはしないです。

牛乳を推奨しない医者もいる!

牛乳ってみなさんのなかでは健康食ですよね。
ですが、そんな牛乳を推奨しない医者もいるのです。

どういうことかといいますと、牛乳はまず胃の中にはいるとカゼインの作用によりかたまります。
これによって消化がとても悪い状態となります。

消化が悪いと胃腸に負担がかかりますからね。

それから、牛乳を作る過程で、空気とたくさんふれあうので、過酸化します。
この酸化という状態はみなさんのいうとおり、酸化しているので、老化の原因となります。

また、作る過程で100度にして熱するので当然酵素は死滅してしまいます。

これを証拠に、子牛に人間が飲んでいる牛乳を与えると4,5日で死んでしまうというからおどろきです。

それから、人間には牛乳に含まれる乳糖を分解できないという性質もあるのです。
これは人間の半数以上が分解できないのでこれらの原因で牛乳を推奨しない医者も存在するのです。